インターンシップ改革


インターンシップを学士課程のカリキュラムの一部として位置付けます。
インターンシップを通した学生のキャリア意識形成だけではなく、新潟県内の地域特性や産業理解、地元企業の認知度を高めることを目的とした取り組みです。

「インターンシップ改革」事業の特徴

連携大学
新潟大学、新潟県立大学、敬和学園大学、事業創造大学院大学、長岡大学、新潟国際情報大学、新潟青陵大学、新潟青陵大学短期大学部、長岡造形大学、新潟経営大学、新潟工科大学、新潟産業大学、新潟薬科大学

1.「理工系」分野のインターンシップ授業科目の展開 【新潟大学】

モデル領域としての「理工系」分野のインターンシップ授業科目、それに繋がる科目を開設・実施するとともに、より効果的な履修モデルについてもさらに検討を進めます。

2.学内のインターンシップ改革支援 【新潟大学】

フィールド研究を中心とする領域(社会調査、参与観察等)におけるインターンシップ科目の開設に向けて、学内の既存の科目・取組を集約し、効果的な履修モデルの検討を進めます。
具体的には、学内のインターンシップ科目の集成作業を進め、学修成果の質を担保するためのプログラム開発や成績評価基準の明確化等の課題について、各学部等のインターンシップ改革支援を行います。
またインターンシップ受入先である学外の協働機関(企業・行政・経済団体等)のデータベース化を進め、円滑な関係でのインターンシップを継続的に実施するための環境整備を行います。

3.教育的観点を重視したインターンシップの普及・拡大・認知向上 【新潟大学、各連携大学】

4.円滑なインターンシップ推進のための運営体制整備 【新潟大学、各連携大学】

目的に沿ったインターンシップを円滑に推進するための研修等を実施し、インターンシップ運営体制の整備を図ります。

この取り組みのニュース

NIIGATA COC+の取り組みをシェアしよう!